【アクセスマップ】IFCA地図

IFCA地図

IFCA(イフカ) - 国際親善文化協会
〒151-0066 東京都渋谷区西原3-37-9
TEL 03-3466-3028
FAX 03-3466-3130
小田急線「代々木上原駅」下車
徒歩約3分

IFCAの歩み

IFCA年表
1933年
(昭和08年)
松本寅一(後の長崎県大村市長)が国際交流の必要性を痛感して、各国留学生を受入れる国際フレンド会館を現在地に創設。
1944年
(昭和19年)
戦争のため国際フレンド会館閉鎖となる
1974年
(昭和49年)
松本道子(松本寅一次女)が英会話教室を開講。閉鎖されていた会館を国際親善文化協会として発足。留学生受け入れも再開。
1976年
(昭和51年)
創立者松本寅一の母校ケンタッキー・ウェスレアン大学の日本事務局となる。
1977年
(昭和52年)
12月より岡田紅陽氏の「富士山日本百景写真巡回展」をアメリカ各地とアムステルダムで、3年にわたり開催。
1979年
(昭和54年)
初代イフカ会長松本寅一(国際フレンド会館創設者)死去。
K. ウェスレアン大学へ図書寄贈開始。「松本寅一記念図書」が同大に設置される。以来毎年寄贈継続。
第1回IFCA米国親善旅行実施。
IFCA企画の「世界のにっぽん人」が『文芸春秋』に1年間連載される。
1982年
(昭和57年)
第2代IFCA会長須山達夫(元ノルウェー大使)就任。
バザー純益金をハイチ共和国へ贈呈開始。
1983年
(昭和58年)
第2回米国親善旅行で日系老人ホームなどを慰問。これより隔年毎にホームステイ親善旅行を行っている。
1984年
(昭和59年)
IFCA創立10周年記念祝賀会をアジア会館で開催。
1989年
(平成元年)
松本事務局長、ハイチ共和国へ寄付金持参。
IFCA会館と留学生センターの増改築完成。
創立15周年を記念して会員作品展を催す。
1990年
(平成02年)
IFCAギャラリーで佐賀錦展を開催。その後ギャラリーで各種展示会を催す。
1992年
(平成04年)
第2代会長須山達夫死去。
1993年
(平成05年)
第3代IFCA会長ロバート O. キンゼイ(元米国ウエスターン航空会社社長)就任。
1994年
(平成06年)
IFCA創立20周年祝賀会を(六本木)麻布の国際文化会館で開催。
1996年
(平成08年)
新理事(佐川睦男、中内延夫、エルモ・モレッツ)就任。
IFCAサロン開設。
1999年
(平成11年)
IFCA創立25周年祝賀会を麻布グリーン会館で開催。
文化教室と文化サークル開設。
2001年
(平成13年)
松本事務局長、K. ウェスレアン大学学長へIFCA留学生センター宿舎無料提供を申し出。親書持参。
2004年
(平成16年)
IFCA創立30周年祝賀会を国際文化会館で開催。
2008年
(平成20年)
IFCA組織構成を改変
2009年
(平成21年)
IFCA創立35周年祝賀会を表参道ダイヤモンドホールで開催。
2012年
(平成24年)
カンボジアへの親善旅行(学校訪問)